【PR】映画好きな方はこちら【PR】

有酸素運動・無酸素運動

 運動は大きく分けると2種類あり、有酸素運動と無酸素運動とがあります。 有酸素運動と無酸素運動では、体を動かすためのエネルギーの産出方法が異なり、 その名の通り、エネルギー産出時に酸素を使用するかしないかの違いです。

有酸素運動

 有酸素運動とは、強くない力で長時間する運動のことを言います。 有酸素運動はダイエットに適した運動方法と言われていますが、 どうしてダイエットに適しているのでしょうか? それは、有酸素運動はエネルギー源として蓄積された脂肪が使われるからです。

 脂肪は十分な酸素がないとエネルギーとして使用できません。 運動開始直後は酸素の供給が十分ではないため、 運動開始直後から脂肪がいきなり使われていくわけではなく、 酸素が少なくてもエネルギーとして利用できる、 筋肉や血中の糖質等が使用されてエネルギーが生成されます。 しかし、糖質の量には限りがあり、糖質ばかりを利用していると血糖値が下がってきて体にあまり良くないです。 運動を続けているうちに徐々に酸素の供給が多くなってくると、 脂肪がエネルギーとして利用できるようになるので、 今度は、血中に存在する脂肪が使われだします。血中の脂肪が減ってくると、 エネルギーの元が血中に存在しなくなってしまうので、 今度はイザというときの蓄えである体脂肪が使われます。 体脂肪が使われることによって、ようやくダイエットが始まります。 この蓄積された脂肪が使われ始めるのは、運動を始めてから20分くらいと言われています。 有酸素運動は20分以上行わないと効果がないと言われるのは、こういった理由によります。 なお、内臓脂肪と皮下脂肪では内臓脂肪の方が代謝がよいので、内臓脂肪の方が先に使用されます。

 脂肪が使用され始めたとしても、脂肪を燃焼するためにはわずかではありますが糖質が必要であるため、 有酸素運動を長時間続ける時には糖質も必要となります。血中の糖質が少ない状態でさらに運動を続けようとすると、 今度は筋肉を分解してエネルギーを生成使用とするため、筋肉が少なくなってしまいます。 よって、有酸素運動を行う前には、ある程度の糖質を摂取する必要があります。

無酸素運動

 無酸素運動とは、瞬発的に強い力で筋肉を動かす運動のことを言います。 無酸素運動はすぐにエネルギーが必要なため、筋肉内に蓄えられている糖質などを酸素を使わずにエネルギーを作ります。 すぐにエネルギーが必要なので、有酸素運動のように酸素の供給を待っている時間がないためです。 筋肉内に蓄えられているエネルギー源は限りがあるので、強い力で筋肉を使う無酸素運動は長く続けることができず、 乳酸がたまってくるので筋肉痛の原因ともなります。

 ただ、無酸素運動は超回復によって筋肉の量を増やすことができるので、基礎代謝を高めることができます。 基礎代謝が高まると何もしていない状態(寝ている間も)でもエネルギーの燃焼ができるため、 ダイエットにも効果的あるということになります

まとめ

 ダイエットは無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることにより、その効果を高めることができます。 無酸素運動で基礎代謝を高めて基本的なエネルギー消費量を高くし、 有酸素運動で蓄積されてしまった脂肪を燃焼させることができるからです。

 なお、ダイエットのために食事を減らす人がいますが、食事からエネルギーを作成できないと、 エネルギー作成の為に筋肉が使われてしまい、筋肉が減ってしまいます。 筋肉量が減る=基礎代謝が減るということなので、痩せにくい体になってしまいます。 食事制限でダイエットしても、普通の食事に戻すとリバウンドしてしまうのは、このような理由によります。